鯛の鯛という家紋


魚屋さんの魚を見ながら「鯛の鯛の家紋」を思い浮かべて久しぶりに「鯛の鯛」を取り出してみようと思っていた時、店員さんからこの鯛の兜煮がおいしいよと声を掛けられてついつい購入してしましました。


私の食事は「魚主体です」肉類はあまり食べないほうで。。
私は魚、家内は肉類、と言ったところでしょうか、
肉料理は残すことが多いですね。


また魚料理でも刺身が大好きで「よう飽きないな〜」と言われるほど毎食のように刺身がないと食欲がわきません。
居酒屋の酒のつまみも刺身。・・・


次が焼き魚ですね
小さめの鯛の焼き魚を食べるとき「鯛の鯛」を取り出そうとするのですが、焼き魚ではなかなかうまく取り出せません。


上品なお店などでは決してほめられる行為でもないので避けましょう。
自宅でゆっくり食事でもするときに「鯛の鯛」でも探してみては・・・鰓の近辺にあります。。


そんなわけで購入した鯛の兜煮です。
難点は魚自体が大きすぎたのか「鯛の鯛」自体がなんだか骨につかれ(?)を感じたように見えます。
兜煮を見る限りでは相当大きな鯛なんでしょう・・


小鯛の「鯛の鯛」はきれいな骨だったように感じるのですが、30センチ程度の鯛の「鯛の鯛」がきれいなように感じるのですが、それとも煮つけの方法などでも変わるのでしょうか?

鯛の鯛の家紋.jpg

鯛の鯛」を家紋に使う家はどのような職業なのでしょうか?
家紋としての「鯛の鯛」は以下のような家紋ですが、まだ家紋ネクタイの注文はないです。

鯛の鯛.png


もしかしたら魚屋さんとか漁師さんなどが使うのでしょうかね
posted by 家紋ネクタイ屋 at | 珍しい家紋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。