家紋入りネクタイ-丸に揚羽蝶-動物紋


蝶紋の由来は、平清盛の父貞盛が「天慶の乱」を討伐した功績により、朝廷から鎧を頂戴した。
この鎧に蝶の文様があったので、これを平氏の家紋にした、という説がある。

日本の紋のうちで数少ない、動物に因んだ紋である。



蝶紋はその姿によって3種類に分けられる。

1・飛んでいる姿の「飛び蝶

2・止まっている姿の「止まり蝶
  これは蝶が羽をたたんで揚げているので「揚羽蝶」ともいう。

3・蝶を丸くデザインした「蝶丸」これを輪蝶ともいう。


そのほか、特殊なものであるが「鎧蝶」「月形蝶」「胡蝶」「崩し蝶」など、蝶紋は動物の中でも最も数がおおく、様々なバリエーションも蝶紋が存在する。




家紋ネクタイでご注文をいただいた
丸に揚羽蝶-縦.jpg



揚羽蝶に関しては同じような比率で丸のない

揚羽蝶紋.jpg

posted by 家紋ネクタイ屋 at | 家紋入りネクタイ(冠婚葬祭用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。