珍しい家紋-抱き竹笹に釘抜き紋


家紋って本当に沢山の種類がありますね。
今回.珍しい家紋(抱き竹笹に釘抜き紋)のご注文いただきました。珍しい家紋(抱き竹笹に釘抜き紋)でしたので当方にデータになくお客さんよりお送りいただいたデーターに基づいて家紋ネクタイを作成しました。


お客さんもおっしゃるようになかなか珍しい家紋のようです。
いろいろな家紋帳を調べてみたのですが、該当する家紋がなく・・・・
親切なお客様でEPSのデーターを送ってくださいました。

以前に「実家の仏壇」の家紋を参考にして専門家に依頼されて作られたそうです。

今回ご注文いただいた珍しい家紋(抱き竹笹に釘抜き紋)の家紋ネクタイ製品写真です
抱き竹笹に釘抜き.jpg


同日、別口で注文いただいた丸に片喰紋です。

丸に片喰紋セット.jpg


家紋の種類が多くなったのはたとえば「例として:三つ柏紋が本家の家紋」であった場合など次男三男が分家して一家を構えるとき本家の家紋の雰囲気を残しながら新しい家紋を作っていきますが、その時に本家の家紋に丸を付けて「丸に三つ柏紋」、またその丸も太くして「太輪に柏紋」とか反対に細くして「細輪に三つ柏紋」とか極端に細くして「糸輪に柏紋」とまた三つ柏を一枚の葉にして「丸に一つ柏紋」葉を並べて「丸に並び柏紋」、交差させて「違い柏紋」などというように変化・展開されていったようです。


輪だけに限らず葉の枚数(笹紋など。。)であったり形状なども加えていろいろと変化していったものと思われます。


文献とか学者さんによると確認されている家紋だけでも2万種程度はあるとか?また5万種程度(?)はあるといわれる学者さんもおられます。


家紋も研究するとなかなか奥が深そうで面白いですよ。



posted by 家紋ネクタイ屋 at | 珍しい家紋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。