老舗の暖簾に抱き茗荷の家紋


現在では忘れられがちな家紋ですが、ちょっと気を付けてみると街中ににも、また生活習慣の中にも多くの家紋が溢れているものです。

街中でもよく家紋に出会うことがあります。
でもなかなか写真を写せる機会は少ないですが・・・。電車の窓からチラッと見た看板の中に家紋を見つけることがあったり、車の運転中にお店の看板に家紋が・・また民家の屋根に家紋を見つけたり、またたま街中でチャンスと思えば携帯、カメラを持ち合わせてなかったり。。


染め抜かれた抱き茗荷の暖簾です。
藤江屋分大という老舗の洋菓子店が明石にあります。
特にようかんは「分大の丁稚羊羹」として有名です。



手土産としてよく購入しますが、そんな時に気になるのが店内にかかっている家紋ー抱き茗荷の暖簾です。

いつも気になりながらお客さんも多くて「写真を写させてください」とは言い出せなくて。。。。


昨日、孫に会いに娘宅に出向きましたがその時にも手土産にと思って丁稚羊羹などを買い求めるときお客さんもいてなかったので、思い切って店員さんに「暖簾の抱き茗荷の写真を写させていただけませんか?」

暖簾 家紋抱き茗荷
老舗の抱き茗荷家紋の暖簾

というと・・ちょっと待ってください。聞いてきます。 ということで女主人らしき人が対応してくれて。

家紋に興味があるのですか?
どうぞ写してください。と快く返事をいただきました。


抱き茗荷ですねと言いますと家紋にお詳しいようで。。と女主人の声。。。。。
そんな一枚の染め抜かれた家紋-抱き茗荷の暖簾と店内です。




posted by 家紋ネクタイ屋 at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。