家紋ネクタイの家紋が下部にある訳は?


家紋ネクタイの家紋のプリント位置は大剣(ネクタイの幅の広い方の三角部)の先端から家紋の中心までが約7センチ強、また家紋は約3センチの大きさの家紋をプリとしています。(家紋の位置また家紋の大きさは家紋により若干違う場合があります、)


なぜこの位置に? と思われるかもしれませんが。。。。


家紋ネクタイの大テーマ(自分が決めたテーマです)は・・・「さりげなく」・・あくまでもさりげなく・・・です。
それ故に洋服のボタンをしているときは家紋は見えません。ちょっとくつろいでボタンを外した時にネクタイ大剣部分に家紋がチラッと見えるようにしています。


家紋ネクタイ馬紋.jpg
家紋ネクタイ

「さりげなく」がテーマです。

プリントも白地ネクタイに白顔料インキを使っています。
白地に白なら見えないっじゃないか?と言われる方もいらっしゃいますが、素材(シルク100%)の光沢と顔料インキ光沢の違いによりキラッと光った(ちょっと表現が難しいですが。。?)ように見えます


また黒地のネクタイにおいても濃グレーでプリントしています。こちらの場合は比較的家紋が目やすいように考えています。



結婚式は招待されてい出席しますので「出席者」は分かっています。
お葬式は呼ばれていくものではありませんのでちょっと家紋で印象つけるために??・・・


家紋ネクタイの位置ですが、胸元などの場合はネクタイの結び方また身長によっても家紋の位置が変わってきます。


大剣の位置にプリントした家紋はネクタイの締め方でかることがありません。
以上の理由から家紋ネクタイは大剣の三角の先端から家紋中心まで約7センチの位置に約3センチの大きさの家紋をプリントしています。


【●家紋ネクタイ商品詳細●の最新記事】
posted by 家紋ネクタイ屋 at | ●家紋ネクタイ商品詳細● | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。