建築・器紋(庵/筏/錨紋)を図案化した家紋


■ 庵紋

庵とは、仮り小屋のこと、庵紋は、この庵を象った紋章である。
庵紋は庵だけで用いるよりも、庵の中に木瓜、鶴、文字などを入れたり、屋根の三角形を飾ったりすることが多い。

■ 筏紋

筏紋は、筏に花をのせるのがふつうであり、一名を花筏紋ともいう。しかし、後に筏だけの紋もつくられたので、二者を区別することもある。
「花筏」は紋章としだけでなく文様としても好まれた。

■ 錨紋

錨紋には、網のついたものとつかないものとがある。また錨の数によって「二つ錨」「三つ錨」「四つ錨」「二つ子持錨」などがある、変わり種では、錨を桐のように図案化した「錨桐」同じく、桜の形を模した「錨桜」団扇のような感じにした「団扇錨」などもある。


利休庵(りきゅういおり)/盃庵(さかずきいおり)
海軍錨(かいぐんいかり)/汽船錨(きせんいかり)/三つ縄付き錨/丸に軍艦錨/浮線錨(ふせんいかり)/二つ錨/二つ子持ち錨/四つ錨/錨桐(いかりぎり)/錨片喰/二つ割り錨/三つ割り錨/

43-KENKEN.jpg




posted by 家紋ネクタイ屋 at | 文様・建築・器紋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。