文様・建築・器紋(蛇の目/巴)を図案化した家紋


■ 蛇の目紋
蛇の目に似ているところからついた名称、もとは弓の弦を巻き付ける革や藤でつくった鐶から生まれた文様で、弦巻きの名のほうが古い。この蛇目を家紋にしている武将の一人に加藤清正がいる。

蛇目紋の形は、一個の蛇の目形と数個の配列とがあり、剣と組み合わせたものや、捻ったものなどもある。



■ 巴紋
鞆絵から発している。鞆は弓を射るとき、弦にふれないよう左肘につける革具、その側面を図案化したものが鞆絵である。

それがいつの頃からかその鞆絵に巴の字をあてるようになった、巴紋は、多くは神紋である。

蛇の目、巴紋には下記のような多くの家紋が存在する。

蛇の目/蔭蛇の目/陰陽重ね蛇の目/三つ盛り蛇の目/三つ剣蛇の目/四つ並び蛇の目/四つ捻じ蛇の目/五つ捻じ蛇の目得/七つ蛇の目/蛇の目九曜/五つ剣蛇の目/糸輪に三つ割り蛇の目/


太巴(ふとともえ)/右一つ巴/楕円巴/蔭左一つ巴/左一つほ細巴/渦巻巴/隅切り角に一つ巴/丸に右一つ巴/左二つ巴/右二つ巴/二つ折り巴/二つ細巴/陰陽二つ巴/痩せ巴/中蔭の左二つ巴/陰陽勾玉巴(いんようまがたまともえ)/丸に左二つ巴/丸に違い巴/二つ巴に違い鷹/糸輪に離れ蔭二つ巴/左三つ巴/左蔭三つ巴/丸に左三つ巴/右三つ巴/蔭右三つ巴/尾長巴/小付き三つ巴/石持ち地抜き左三つ巴/有馬巴/糸輪にむくみ三つ巴/隅切り角に左三つ巴/剣輪に右三つ巴/糸輪に豆三つ巴/中輪に三つ巴崩し/細菱に三つ巴/菱持ち地抜き三つ巴/三つ巴菱/角形三つ巴/蔭に一つ菱巴/細二つ巴菱/右四つ巴/右五つ巴/捻じ巴/抱き浪巴/浮線巴/二葉巴/玩具巴(おもちゃともえ)/台巴/一の字に三つ巴/三つ盛り一つ巴/糸輪に三つ剣一つ巴/左子持ち三つ巴/丸に三つ盛り三つ巴/巴梅鉢/巴七曜/板倉巴/丸に巴玉桐/二つ組み巴/輪違い巴/足上げ二つ巴/二つ組み合わせ巴/変わり組み二つ巴/丸に子持ち抱き巴/三つ組み巴/組み巴/痩組み巴/結び巴/右金輪巴/左金輪巴/中輪に右金輪巴/五つ金輪巴/巴の字桐/糸輪に巴角字/持ち合い巴の字丸/三つ巴字丸/亀甲形巴の字/

39-MYMY.jpg




posted by 家紋ネクタイ屋 at | 文様・建築・器紋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。