植物( 梅・瓜 )を図案化した家紋、植物紋の一例


梅紋は「天神」さまの神紋である。天神さまは菅公=菅原道真を神として祀ったもので天満宮という。
菅公は梅を非常に愛した。


九州太宰府に流され、”東風(こち)吹かばにほひおこせよ梅の花、あるじなしとて春なわすれそ”と謡い
遠く京の春を偲んだことは、よく知られている。


梅紋は、梅の文様からできているが、大別して二つある。梅の花をデザインした梅花紋と、五つの丸を花弁のように並べ中心に小さな丸を一つおいた梅鉢紋である。


梅家紋と梅鉢紋では、梅家紋のほうが古くからあった。江戸時代以降は梅鉢紋が多い、形もさまざまである。
梅鉢紋は太鼓をたたくバチのようなものが中心からでていることからついた名である。
加賀百万石の前田家の正紋として有名である。




瓜紋:瓜が文様として用いられるようになったのは、鎌倉時代らしい。「北野天満宮縁起」や「春日権現験記絵巻」などにこの模様が見られる。


瓜紋の形は、瓜の実や花・葉を象ったものだが、多くは実である。中には胡瓜の断面を図案化したものもあり、これを「胡瓜の切口紋」という。

14-DD.jpg



posted by 家紋ネクタイ屋 at | 植物紋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。