家紋ネクタイー桐紋


画像家紋入りネクタイは「五三桐」紋のネクタイ見本です。

家紋・桐紋
家紋ネクタイ・五三桐紋

桐は中国では聖なる木とされている。
鳳凰が桐の樹上で鳴くの聖王の出現する瑞兆とされているからだ。
想像上の霊鳥である鳳凰は竹の実しか食べない。ここから桐と竹と鳳凰が聖天子を象徴するようになったのである。

秀吉は絢爛豪放な桃山文化を花咲かせたが、その権力を誇示するため、建築や工芸、美術品にやたらに「太閤桐」と呼ばれる桐紋を据えた。
秀吉の築いた姫路、伏見、大阪城には瓦に桐紋があるし、優れた寺院建築に京都醍醐寺、豊国神社の唐門、高台寺、西本願寺の金具などがある。
とくに秀吉夫人の北政所ゆかりの高台寺は膳椀や食器類にいたるまで見事な桐紋がみられる。


桐紋は花の数で分類し、中の花茎に五花、両脇の花茎に三花あるものを「五三の桐」といい、中央に七花、両脇に五花あるものを「五七の桐」という。
その他「五四の桐」「九七の桐」「七五三の桐」などもある。これをさらに千変万化にデフォルメされて、種類は無数にある。


KR10-7.jpg





posted by 家紋ネクタイ屋 at | ■十大家紋ネクタイサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。