家紋ネクタイー柏紋


画像家紋入りネクタイは「丸に三つ柏」紋のネクタイ見本です。

家紋・柏紋の一例
家紋ネクタイ・丸に三つ柏紋


古代には堅い木の葉の大きなものを選んで食べ物を盛った。
『万葉集』に「家にあれば笥に盛る飯を草枕、旅にしあれば椎の葉に盛る」とあるが、椎ほ葉も「堅し葉」なのだ。
しかし、もっとも利用されたのが、柏の葉だった。
柏の字は槲とも書く、適当に大きく肉圧でしなやかだ。
そこで柏が食器専用の葉となっていった。



家紋としての使用家は、神宮では三重県の伊勢神宮の久志本氏、愛知県の熱海新宮の千秋氏、岡山県吉備津宮の大森氏、福岡県宗像神社の宗像氏などがある。
公家では神道で朝廷に仕えたト部氏とその後裔の吉田、藤井、萩原、錦織の四家が使用。


柏紋は普通は葉を文様化してるが、中には実や枝をつけたものもある。
葉の数は一葉から九葉まであり、形は「対い柏」「抱き柏」「違い柏」などがある。しかし、最も多いのは「三つ柏」と「抱き柏」だ。
これに蔓が生えているのを「蔓柏」という。
「三つ柏」は七福神の恵比須さまが、この紋を用いている。


KA10-6.jpg



posted by 家紋ネクタイ屋 at | ■十大家紋ネクタイサンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。